量子力学式 九伝流療術の概念

捻じることで症状の原因である細胞間リンパを浮き出させることができます。

関節を捻じるということは武術や格闘技では、ご存知だと思うのですが、簡単にいえば体を破壊することです。捻じると通常では出ない靭帯の使い方となるので、普通は絶対にアプローチできない筋肉が現れます

例えば腕の尺骨と橈骨とをクロスさせてから腕を曲げ伸ばす。これも通常ではありえないことです。これが筋肉の活性化につながり、伸筋が浮き出て、深部アプローチの準備ができるのです。

極めるというのは、骨にアクションをすること。

関節をロックし骨を固めるということです。

生理学の分野においても「関節を極められた動物は動けない」ことが証明されています。動作を繰り返していくことで、極めるという感覚が整体と同じことがわかるようになります。

 

騒ぐ子供を叱るときも手首を握るとおとなしくなるように、関節を握られると精神的は安定します。

極めるアクションとは精神への施術なのです

皮膚を引っ張ることで浅筋膜や深筋膜へアプローチします。
浅筋膜と深筋膜の間には脂肪があり、血管と同じように全身を巡るリンパは深筋膜と骨膜の間に流れています、そこに意識を集中します。肋骨間リンパの流れを掃除して流せば、驚くほど肩や背中も軽くなります。引くことで施術を短時間にできます。その際の「圧の方向性」もあります。

筋肉を伸ばして伸筋を復活させることです。
具体的に言えば、捻って関節を極めて出てきた伸筋にアプローチします。その時に出てくる筋の場所は決まっています、覚えると便利です。パターン化されていますので、触診すればすぐわかります。初めての方でも百人も施術すれば理解できるでしょう。もう1つ重要な点が伸筋と屈筋の原理です。この原理を覚えることで治療の次元が変わります。

リンパを流すと、疼痛や可動域制限は消えていきます。

筋肉を伸ばしたときに浮き出てくる"悪玉"、

細胞間リンパの塊や硬結を崩して流します

最初は「これはリンパなのか、筋なにか、筋肉なのか、分からない」という人も多いのですが、実践を重ねていくことで誰でも触れただけで分かるようになります。基本リンパは固まりますが流れると全身が暖かくなるので、すぐに分かります。

方向があえば軽い力で流れます。

好転反応は再生の痛みです。好転反応を恐れないことです。好転反応が出ないほどの重症な方や筋肉の硬結が見られたり、関節がずれていたりする方、靭帯が痛い人、今すぐなんとかして欲しいという人には、1回で結果を出すために必要な痛みがあります。この痛みは希望になるのです。

患者さんに合わせる行為、呼吸を合わせて施術するという意味です。

人にはその人独特のリズムがというものがあります。まずは話す会話の速度に合わせることです。患者さんは基本的に体が弱くなっているので「合う・合わない」ということに敏感です。患者さんを自分の手技にあわせようとトークで押し切ることはしてはいけません。どんなお客さんにも、こちらが合わせるのです。それが本当のプロの仕事だと考えます。

そうするとファンが増えていきます。

※病をもらわない方法や除去する方法もあります。後にお伝えしますが、量子力学的な考え方を使うことで、エネルギーのプラス・マイナスの操作も可能なのです。

伝えるというのはトークで説得していくものひとつですが、最終的には指の説得力

黙っていても患者さんが「そこだ〜」と思えるような手技を確立することです。

「ここでなければ、してもらえない」あなだだけの手技の確立です。患者さんいとっては「自分のためにここまで本気で向かい合ってくれる先生なのだ」という信頼感に繋がります。「あなたしかいない。」と希望を見せられる技術をつくること。患者さんに光を魅せることが一番の治療となります。

患者さんに気が付いて気が付いもらえるように説くこと。これは大事です。

なぜなら、患者さんが自分で自分にかけてしまった洗脳を解いてあげることができるからです。

患者さんは痛みが消えたら、その部分のことを忘れてしまいます。ですから「さっきここまで痛かったですよね」「今はここでも痛くないですよね」と問うことです。注意したいのが、これは説得ではありません。事実を知らせてあげることで初めて、患者さんは施術を受けた意義を感じ、あなたを信用するのです。痛みが消えたことに気が付けば、これが患者の希望になり笑顔になります。

偶然は一つもない、すべてが必然、この精神で患者さんに向かい合うのです。

今日一日を向かい合う。そんな日を1日でも多く過ごしてみる。そうすると自分がやるべき行動やヒントがいたるところに見えてきます。

そのための呼吸方法があります。そのうち何かインスピレーションのような感じを受けるでしょう。何かが教えてくれるのです。考えなくてもいいので、こんな楽なことがないですよね(笑)

その精神で居て初めて運任せ、つまり自分の凝り固まった考えを捨ててお任せしていくことです。そうすれば、運も開けてくるのです。例えば、お医者さんは診断しますよね?つまり、名医はこの部分が悪い感じがするとか、ここに悪い腫瘍があるとか、誰よりも察知するのです。それは勉強では身につかないのです。ではどうすれば身につくのか?ここでは大事なのは、感覚なのです。

この感覚を掴む触診力(意識)がこれからの未来の施術につながるように感じるのです。