<第4話>大関と車いすテニスジュニア王者

 

 

 

【坂口竜太郎君が千秋楽に来た!】

 

<令和元年5月26日

 佐渡ヶ嶽部屋部屋 千秋楽祝賀会にて>

 

 

 

坂口君は交通事故で胸椎を損傷し、胸より下が麻痺するという障がいを負いましたが、頑張って13歳の時に車いすテニスジュニア王者になりました。

 

現在は、元プロテニスプレーヤー 杉山愛さんにアドバイスをもらっています。

 

 

 

坂口君のプロフィールはこちら

  ↓

 SPORTRAIT

 

 

 

とても礼儀正しく、ご家族ともに明るくて頑張っておれられます。

 

 

その姿を見て、私も気合がはいります、必死で頑張っている人に、適当な施術はできません。

 

 

そこで、力士が必死で稽古をしていることを知ってもらうために、千秋楽パーティーにお招きしました。

 

 

同じくらいの年齢(16歳)の力士から、話を聞いて、きついのは自分だけではない、みんな同じなのだと気がついたようです。

 

 

 

『足のハンデはあるけど、心だけは自分のものだ、挫けないと突き進めば、そこにハンデはない』

 

 

 

 

竜太郎君が生きるということ!

 

 

心を強くするということ!

 

 

精神力を鍛えるということ!

 

 

周りの人に気を配り感謝すること!

 

 

 

色々なことを経験して頑張る姿を見て、私も治療家として、少しでも力になれるように、日々研鑽して行こうと思います。

 

 


 

大関と坂口竜太郎君との動画です。

一流のアスリート同士の会話の中に、お互いに共鳴しあうものがあったようです。

普段は厳しい土俵の上の姿しか見られませんが、大関のとても優しい人柄が感じられました。

 

 

<撮影>伊ヶ谷応幹

     ↓

https://youtu.be/c-wiGATp2Bw

 

 

 

 

※無料メルマガに登録されますと、網戸宗家の「本物の治療家とは?」のコラムが毎週1回の予定で配信されます。
是非、登録してみてくださいね!

 ↓

 

https://kuden-ryu.info/p/r/wPqAxxAu